スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェイスブックにはまっています^^

ワク王の小野寺です

数か月前からフェイスブックにはまっています
最初は抵抗があったんですよ実名、顔出しに
まぁ~~やってみると面白いし、出会いがあるし、勉強になるし
(出会いはビジネス的なですよ)(笑)

今は北海道のフェイスブックのグループの幹事をしています
僕が一番最年少で、一番も儲かってないです

7月の懇談会イベントは開催2週間前で定員100名オーバーです
幹事は僕で予想より、大規模になってしまいもう~大変でした
そこでワク王大活躍でした

100名ぐらいで宴会希望を出したら、5分で決まりました

手間も時間もフェイスブックには掛かるんですよね
でもそれ以上の価値のある者が得られるんですよ

確かに、ビジネスマッチングにも大活躍です
人生の勉強をできるツール、人間関係を構築できるツールなんですよ

僕は多くの事を学び、耳が痛くなるような事も言われます
1冊の本を読むより、1時間の出会いでヒントやアドバイスを貰えます

顔出し、実名登録だから一つ一つの事に責任が伴うし、
不義理を続けたら、悪評もすぐに回ってしまうでしょう

世間では「いいね!」を押してもらう方法。
友達が作れる方法、技術的な本。色々ありますが
本当の意味でフェイスブックを活用するなら自分次第ですよね

SNSのようなツールは根気も必要です。
仕事もそうですが、何事にも真剣になれない人は投げ出すでしょう

只のビジネスツールとしてではなくチャレンジしてみてください
人生の成幸者になれる道も見えてくるかもしれません

スポンサーサイト

ワク王で勝負!!

ワク王の小野寺 崇です
大きな文字にはリンクが貼ってあります(崇と書いてミツルと読みます)

今、融資の相談の最中なんですがどーん
行きたいところなんですが、金融機関に止められています
貸さない!と言うわけでもないのですがリスクを負いすぎではないですか?と。

500万ぐらいでスタートしたらいかがですか?って
僕はリスクが伴わないものはビジネスでは無いと思います
どんな事にもリスクは伴うものだと・・・・・。

しかし、親身になって相談アドバイスしてくれる支店長です
ワク王に年間何千件もの融資の相談に乗っている方が
ビジネスモデルに共感し、専属のアドバイザーのようになっています

ワク王のビジネスモデルは僕も自身があります
後はどこに実弾を投入し、どこで露出を増やしていくかって段階です

僕は長い事、飲食関係の管理職 マネージメントを行ってきました。
何故 今 強者が沢山いる世界へスキルもなく飛び込んでいくのか
今までのキャリア、経験を生かして飲食店をスタートさせるべきではないか?
そんなアドバイスを沢山いただきますもっともなんです

一つの世界に長く従事していると、周りの環境が見えなくなる時もあります
僕の将来の夢は、本当にきつい飲食店!(労働時間、給料)
それでもやっている人たちの大半は、お客様の笑顔が好きなんです

けど、モチベーションの上がらない会社で従事している人は
もっと良いサービスが出来るのに、出来ていないんです(人間ですから・・・)
そんな人たちを集めて、飲食の多店舗展開をしたいんです
(全く同じ業態は作らないで)

ワク王は飲食に携わりつつも厳しい現状を勝てると思っています
皆さん、応援宜しくお願い致します!


ワク王ってなに?

ワク王ワク王別邸管理人の小野寺 崇ですリンク張ってます

そもそもワク王って何?
そんなお言葉を多く頂いている為、今回はワク王についてです

ワク王って言うのは次世代仲介サイトです
今までの流れ→ホットペッパー→食べログっていう感じではないでしょうか
起業の広告を元に、ユーザーの口コミを元にユーザーが店舗を探すという流れですよね

それらをワク王ではユーザー様が希望を入力するだけ
その中で条件に合った店舗よりアクセスがあるというシステムです
例えば「うちの店はそのご予算でしたら個室で飲み放題も30分追加しちゃいます」とか
「当店でしたら予算はオーバーしますが過去にないサービス、料理を提供します」
「当店は予算より低価格でご希望にお応えできます」
そんな店舗よりの提案をお客様が選んで頂くそれが「ワク王」です

さらにさらにご自分のマイページを持って頂くと、
ご自分のご自分が商品になった感覚で、次々と入札される画面はまさに「ワクワク」です

ユーザーさんにとっては「他と違うな」って感覚で多く登録頂いています
感謝感謝です

クライアントの店舗様は限られた時間の中での営業となってしまいます
「他と変わらないでしょ」って話を聞いてもらうのが大変です
全然違うんですけど・・。登録無料だし、成功報酬の手数料も格安ですし

でもそんな事で挫けるわけにはいきません!!!!
僕自身の「笑顔」が無くてなんで周りが「笑顔」になるでしょうか

努力と労力は惜しみません
きれい事ではなく過去を捨てて立ち上げた「ワク王」家族の為にも頑張ります
関わる人全てが左右対称の「笑顔」を取り戻せるように

まだまだ至らない点も多いワク王小野寺ですが今後とも
本当に宜しくお願いいたします

笑顔

ワク王ワク王別邸管理人の小野寺 崇です
ワク王別邸は手作りで素人ですんで下手ですけど
大きな文字にはリンクを張ってますんで覗いて見て下さい
今後の日本の仲介ビジネスが変わるぐらいのシステムでユーザー主導のサイトです
今は始めて間もないので、まだまだモデルの拡大ができていませんが

子供が1歳になる我が家なんですが、子供の笑顔は左右対称ですよね
いつからなんでしょう?
大人になった自分が左右対称じゃない「笑顔」を作るようになったのは

管理職を多く、経験させていただきワク王を作ったのですが
以前、飲食店の立ち上げのマニュアルを作るときとかに
「笑顔」の定義とは。って項目が必ず僕にはあります

子供を見ていると、それが「笑顔」なんだ!って気付きます。
今までは「作り笑い」の定義を作っていたんだな~って感じてます

僕の今までの教育方針は「心」のマネジメントでした
「感謝」を言葉にする事や顔に出す事で、感情を持ってもらいたい
機械的ではなく人として「心」を持って
「ありがとう」って言われる事を自分の喜びに変えられる教育をしてきました

社会人である限りと言うよりは、人と接する事がある限り
「感謝」が無くてはいけないと思っているのが僕の考えです

綺麗ごとではなく人として生きて行くかぎり
一人では生きて行けないんですよね
古いかもしれませんが「義理、人情」が僕の一番大切にしている事です
今では言葉を変えるとしたら「信用、愛情」って言っています

本当に「笑顔」が自然と出るお付き合いをしていきたい
その為に僕も「笑顔」を左右対称にしていかなくてはいけない。

だからワク王を始めました
自分だけでなく関わる人全てが「笑顔」になれると思ってやっています
まだまだいたらない点もございますがこれからも
ワク王ワク王別邸の小野寺 崇をお願い致します

権力者は人格者であれ。

お盆に親父の墓参りに行けなかった
ワク王の小野寺 崇です(ちなみにこれでミツルと読みます)

僕は社会に出た時に、皆さんと同じように上司に理不尽な事
とても人としてみてもらえないような扱いを受けました。
もちろん他の方にも一緒で皆がいやな思いで仕事をする職場でした。

僕が思ったのは「僕が部下を持つときは相手の気持を大事にしよう」
そう思ったのがこの頃でした。

モチベーションを大切にしないと、効率も良くないと考えました。
そして間違いは心から認められる上司であり
感情で「怒る」のではなく愛情を持って「叱ろう
そして誰よりも仕事をして、後進の指導にあたろう
誰よりも「バカ」であり、誰よりも「優秀」になろうと思っています

口先だけではなく、信念を持って行動し実行するべきだと
口先だけの人はいくらでもいると思います。
自分の吐いた言葉に責任を持てない人は中々信用できません。(僕は)

教育本の知識だけで頭でっかちの人も多くいました
でも実際に現場を動かすのはスタッフであり人間です。
相手の事を理解しないで何が出来るのでしょう

色々な反面教師、尊敬する先輩
今まで人生の勉強を33年と言う短い時間ですが僕は
権力を多少なりとも持つのであれば、人格の備わった人間になります。

ワク王が成功し自分を見失う事の無いように
これからも感謝の気持を忘れずに頑張ります

これからもワク王の応援、お願い致します
プロフィール

ワク王みっつん

Author:ワク王みっつん
33歳にてワク王という飲食サイトを始めました。友人と遊ぶのが大好きな自分。家族を僕の勝負に巻き込んで、人生の分岐から勝負に出ました~。皆さ~んワクワクする為の、満足を運んでくれるサイトです。これからも宜しくお願いいたします。

ワク王
フェイスブック
ワク王!いいね!
ご意見、ご感想をお願い致します

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。